最後の夜


 彼女は、自分の横を歩く彼を見上げた。
 真夜中過ぎの散歩。
 真夏の海岸沿いの道では、若い恋人達がお互いに愛を囁き合ったりしている。
 多分、彼らの目の先にあるものは未来。


      …じゃあ、私達が見てるものは、何なのかしら…。


 多分、これが最後の逢瀬。
 それは、二人とも感じている。
 足の下で、冷えた砂がしゃり、と啼いた。

 二人の向かう先は、遠くに見える宿。
 最後の夜を迎えるのが怖いのか、彼女は彼の腕にしがみつく。
 彼も、空いている手で彼女の小さな頭を撫でた。
 ほんの些細な予感は、明日には現実になっているのかもしれない。
 だけど、二人は口に出さない。

 たどり着いたのは、少しだけ丘を登ったところにある、まだ新しそうなホテル。
 玄関をくぐると、涼しげな風鈴の音が二人を向かえた。
 フロントで先ほど預けた鍵を受け取り、エレベーターへ向かう。
 午前二時という時間のせいか、二人のほかに客はおらず、案外すんなり部屋へ戻れた。

 彼女の目は、ただ彼の元へ。
 そんな彼女の視線に気づいてるのか、彼の鍵を回す手は少し震えていた。


        …この部屋で、私達は最後の夜を過ごす…


 考えたくないことばかり、なぜ頭を通り過ぎるのだろう。

        …がちゃ。

 音のない廊下に、扉の開く音がゆっくりと響く。
 部屋に吸い込まれて行く彼の姿が、彼女にはまるで映画のスローモーションのように感じられた。
   部屋の電気が自動につき、二人は改めてお互いの顔を眺めた。
 
      大好きな顔。
      大好きだった顔。


 ピリオドの足音が、彼方で聞こえた気がした。


 二人はシャワーで砂を洗い流したあと、備えついてある有線をかけた。
 夏らしい、誰かの曲が部屋を支配する。
 終わりのなさそうな、愛を唄った歌。
 そういえば、いつか彼が歌っていた気がする。

 彼女の大きな瞳から、小さな雫が湧き出た。
 雫は涙となって、空気に蒸発していった。
 彼は、それを視界の隅で見届け、けれど体は動かない。
 彼の頭にも、彼女と同じ場面が浮かんでいた。


      幸せそうな二人。
      嬉しそうに笑いあう二人。



NEXT






TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー