雑踏の中、一人の男性が歩いていた。
 彼は何も知らない、倫理や人の愛、価値観全て。
 彼とすれ違う人は幸せそうな顔をしている、けれどそれすら気付けず、ただ歩くことしか出来ない。

 彼は愛されたことがなかった。もちろん愛したことも。
 うつろな瞳で景色を無意識にぼやけさせながら、ただ歩いているだけ。
 何を求めるでもなく、ただ淡々と。

 彼は自分がどこでどうして産まれたかを知らない。
 それどころか、どうやって生きてきたのかも覚えていない。
 こうしている『今』が彼の全て。

 『現在』だけを歩く、彼の耳は、これまで雑音しか認識したことがなかった。
 人の言葉は鳥の囀りに聴こえ、雨の音は彼を残酷に通り過ぎてゆく。
 意味を持たない『雑音』。
 虚ろな耳と瞳と記憶は、心を虚ろにさせるには十分の材料だ。


     彼は『人形』だった。

 
 いつものように街を歩くが、彼は街の中にはいない。
 他人とぶつかっても、それはただの『物体』であって、生きているものではない。
 いや、そもそも『生物』というものさえ、彼は知らないかもしれない。
 自分の心臓の音さえ彼は聴いたことがないのだから。


 いつも通っている『見知らぬ通り』を歩いているとき、ふと、彼の耳に何かが聞こえた。


     『・・・・・・・』


 それは、聴き取れないほどの小さな『雑音』。
 けれどどこか違う。
 『鳥の囀り』とも、遠くで鳴る何かの音とも違う。


     …これは、歌?


 初めて彼が『意味』を認知したとき、その『歌』はどんどん彼の頭の中で育っていった。


     これは、歌だ。何処から聴こえてくるのだろう。


 彼は初めて『疑問』を抱いた。
 『歌』はどこか遠くのほうから聴こえてくる様で、自分の中から聴こえてくる気もする。
 耳を澄ませ、心の中を覗いてみた。
 
     何かが視える…

 暗闇の中でぽつんと一つ、小さく光る緑色の何か。


     それは、小さな、産まれたばかりの『蔦』だった。




NEXT






TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー