憧憬


輝いていた日々は
まるで若さの
結晶なのかな

そんなことだけ思う
そして静かな部屋の
片隅で 立ち尽くす


できることを探して
いつも憧れを
胸に抱いてた

涙を流すときも
瞳輝かせ空を
見つめていた あの頃へ


心はいつの日でも
あの胸の高鳴りを
求めていた

我武者羅に走りぬけ
届かない空にあの日
手を伸ばした


追いかけてた言葉の
意味をいつから
忘れてたのかな

そんなことだけ思う
眠っている心の片隅で


明日を夢見続けていた 瞳を抱いて…


TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー