風の吹く丘


空の雲の流れに
赤く腫れた瞳を任せて
森を抜けた丘の頂上
あたしはそよ風とたたずむ


少しだけ寂しい気持ちは
きっと小さな胸に
うずくまって


永遠の中で
宝物に変わるよ


霞草のアーチをくぐって
しばらくは
こうしているから


月に照らされるまで
心の中を旅しよう


草のにおいに乗せて
伝えるわ


届いてるでしょう?




TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー