真実と現実


真実へと向かう私に
天が詞をくれました

『あの谷を降りなさい』

現実へと向かう私に
空が詞をくれました

『あの山を昇りなさい』


夜も更けた木々の袂
聳え立った山の麓
私は一筋の光を視ました

蒼く透明な天使は
やがて谷へと消えました
私は真実を知りたかった
けれど足は根を張っている

真実を知った私は
何も知らなくなってしまう
嘘が理解できなくなる
そうしたらきっと

私は消えてしまうでしょう


朝の灯の輝く海辺で
生を感じる蒼の地で
私は一筋の光を視ました

紅く透明な天使は
やがて山へと消えました
私は現実を知りたかった
けれど足は砂に埋まって

現実を知った私は
何も視えなくなってしまう
夢の国へ飛べなくなる
そうしたらきっと

私は消えてしまうでしょう


天の詞は風に紛れ
空の詞は砂に紛れ
私を何処かへと誘うけれど

少しのことを知った私は
虚構の狭間に捉われて
きっとこのまま存るような
そんな予感がしたのです



TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー