紅い河と天邪鬼


流れた紅い河
あたしのせいじゃないわ
ロッカーに眠る宝物は
勇者を待ち続けてるのに

橋を造るくらいなら
あたしは根をかえるわ
白いバリウムを垂れ流して
いっそ消してしまいましょう


選択を誤った誰かは
今日は少し雨に濡れてた
思わず同情してしまって
バケツ一杯の水をかけてあげた


紅い河は毒みたいに
あたしを不安にさせる
あなたを不安にさせる

白い河は嘘みたいに
あたしを不毛にさせる
あなたを腑抜けにさせる


バリウムは固まりだして
綺麗なピンクになった
あまりにも可愛いから
あなたのことが嫌になって

大きな体を抱いてあげた


ピンクの川は海になって
あたしたちを包んだから
嬉しくて泳いだ
薄桃の波に揺られて




TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー