願い


 願わくば、心が常に平穏の中にありますように…。


 痛いのも、哀しいのも、辛いのも、できれば、少ないほうがいい。
 けれどそれは生きている限り、何かを感じる限り、難しいこと。
 何も感じずに生きていれば、楽しさや嬉しさがない代わりに、泣くこともないのでしょう。
 でも、そうゆうのも好きじゃない。


 わたしの、さほど広くない世界の中でだって、みんな悩みはつきない。
 だから、きっと多くの人は心に常に何かを背負っているのだと思います。
 そして、楽になる方法はそれぞれあるのだと思う。
 ただ、辛いときに泣いたら、泣かなくなるまで泣いたら、少しは楽になると思います。

 痛い傷口は必ずふさがる。
 跡が残っても、後遺症が残っても、常に痛いとゆうことはなくなる。
 だからね、心が痛いときは、それに任せて、ほうっておいても、いいと思う。
 無理に逆らわない分、早く楽になるかもしれない。
 沈んで沈んで、もうずっとその引力に任せて…

 そうしたら、きっといつか浮き上がるから。
 海の中に沈んだときみたいにね。


 自分が、誰かに嬉しいことをしてもらったら、誰かにそれをお返しするのは、いいことだと思います。
 もらった相手にも、他の誰かにも。
 そしたら、自分も泣けるほど嬉しいと思うから。
 その誰かが、ありがとうって言ってくれたら、その嬉しさは倍増して…。
 感謝の気持ちが嬉しいんじゃなくて、その人が、お礼をゆってくれるくらい喜んでくれるのが嬉しいから。


 いつもカリカリしてる人が、うんと哀しいとき、もしかしたらその人はすごく優しくなるかもしれない。
 それは、いらいらする余裕がなくなってるからかもしれない。

 いつも人を傷つけるような人が、すごく落ち込んでるときは、もしかしたらその人はすごく優しくなるかもしれない。
 それは、人を傷つける余裕がないからかもしれない。

 人を非難したりするのは、すごく力がいると思う。
 他人を傷つけるのは、すごく精神力のいることだと思う。

 もっと、肩の力を抜けばいいのに…と、思う。
 

 自分が傷つきたくないから、あえて人を傷つける人もいる。
 自分に力がないと思いたくなくて、他の才ある人をわざと貶める人もいる。

 『あなたは自分のこと好きですか?
  他人の存在で揺らぐようなアイデンティティですか?
  あなたという人は、そこでちゃんと根を生やして生きているのに?』

 自分のことを好きになってあげたら、心は楽になるのに、と思う。
 変な意味じゃなくてね。
 自分が自分のこと好きで、他の人にも優しくなれるのが一番いいと思う。

 
 『自分のことは自分が一番知ってる』てゆいます。
 『自分らしさって何だろう?』てよく考えます。

 それって、人によって違うのだと思う。
 『その人のことはその人にしかわからない』んじゃなくて、
 『その人にとってのその人のことはその人しか知り得ない』んですよね、きっと。
 だから、他人から見た自分らしさなんて気にしなくてもいいし、自分から見た自分らしさってゆうのは、日々の生活で答えは出てるものだと思う。

 けど、考えたり悩んだりするのは、けして悪いことじゃない。
 その道の先に、ちゃんと帰るべき家があるのなら。
 落ち着ける『心の置き場』があるのなら。


 願わくば、心を常に平穏の中に置けますように…。


TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー