お猫さま


やすこ家には、6匹のおばかにゃんこズがおります。
揃いも揃って、まぁ〜お馬鹿なのでございます。

お腹減ったらうるさく催促し、いたずらすればすぐ逃げて、
喧嘩すれば家の中荒らしまくり、

挙句やすこにびんたをかます始末。



いや普段はすごい甘えっこでまぁ、人がパソ打ってれば邪魔するし、
お料理中にはキッチンから離れなかったり

そんなお猫達と暮らしていると、身も心も何だか
なごんでしまうのでございます。


はてさてフム〜そんなお猫達。
よく、『人間様に向かって』とか、『ご主人様に向かって』とか
おっしゃる方もおられるかと思います。


過去、生類憐れみの令とゆうのがありました。
徳川綱吉将軍が、動物は大事にしなさいとのお触れを出した、
いわゆる『お犬様』でございます。
この条例(?)、他にも『お猫さま』とかあったと思います。
この頃、『人間様』とゆってたら…怖いですねぇ
まぁ、それはさておき。


『ご主人様』について検証してみましょぅ。
言葉の意味はさておいて、イメージとしてね
思いつくのは、

『何もやらないでいい人』『人を仕えてる人』『ご飯とか出してもらえる人』


ン…??

コレって…、


まんまお猫達に当てはまりませんか??


  そうか、うちのお猫達は、ご主人様だったのです(断言)。
むしろわたしが仕えてるんです。

綱吉さんの『お犬様』ってのも、意味は違えど頷けます。
そう、お猫達は『お猫さま』なのです


そんなことを考えてると、おばかにゃんこズも妙に
頭よさそうに見えてくるから不思議です。


TOP
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー